アイフル, 未分類

アイフルを延滞した時の支払い方法は?延滞前にできる事は?

アイフルなどの消費者金融からお金を借りた時に気をつけたいのが、延滞してしまうことです。
アイフルへの返済は1日遅れてしまったとしても、大きな問題にはならないとしています。
返済期日翌日以降にいつもと同じように支払いすることで、返済は可能となっています。
延滞をしてしまうと翌日以降にアイフルから連絡があるため注意が必要です。この連絡は返済状況を確認するためで、連絡があった場合には担当者の指示に従って支払いをします。
ただし、注意したいのが支払いが1日でも遅れてしまうと、遅延損害金が発生するためいつもより返済額を多く支払うこととなります。
遅延損害金は、残高×遅延損害金年率÷365日×延滞日数によって計算していきます。通常の金利とは別に計算されます。
アイフルでは、返済期日が過ぎてもすぐに返済すれば大きな問題にはなりませんが、延滞してしまったという事実が残ってしまいます。事前に支払いができないという時には、連絡することをおすすめします。
連絡することで、タイミングによっては支払い期日の変更などの対応をしてくれることもあります。支払い期日を変更してもらえば、延滞扱いにはならず遅延損害金を支払う必要は無くなります。
変更が間に合わずに延滞したという場合も、連絡しておくことが良いとされています。
延滞をしてしまうということは、カードローンなどを利用するときには大きな影響となってしまいます。
そうならないためにも、支払いが遅れる場合にはきちんと連絡することが大切です。